やくみつるさんのかつら 着脱式から編みこみ式へ

着脱式から編み込み式に変えたちょっと意外な理由とは

やくみつるさんは以前(15年ほど前)は【着脱式】と呼ばれる付け替えをするタイプをしていたそうですが(メーカーは不明)、ここ4〜5年の話だとは思いますが今は【編み込み式】に変更されています。

 

 

きっかけは、「かずら」という映画を見たこと、ということですが、

 

 

https://youtu.be/KmPtA7DaKQE

 

 

この映画はさまぁ〜ず主演の映画であり、コンプレックス克服ムービーというコメディ感たっぷりの映画です。

 

三村さんの恋人役の芦名星さんの言葉で
「気にしなくていいのに。被ってても被ってなくてもあなたが好きよ」という台詞があったらしいのですが、
それを見ていて、ためらっている自分がアホらしくなったとのこと。

 

まさに、やくさんにとって自分が言われているみたいに感じたのかもしれません。
やくみつるさんはこの映画を見て、着脱式から編み込み式に変えたということです。

 

 

ちょうどその映画の協力が「スヴェンソン」。そのイメージキャラクターが松木安太郎さんだったので、
「私もやってみたい」と相談してみたそうです。

 

こういったエピソードがあって金具で止める着脱式から、装着式へと変更されたんですね。

 

 

おかげで、取れてしまったらどうしようであったり、ズレていないかなど日常生活の中で常に気になっていた状態から
すっかり開放され、結果今まで以上に仕事にも集中できるようになり、さらには周りにもオープンになれたといいます。

 

 

>>やくみつるさんの生活が変わったスヴェンソンの増毛技術とは